キレイの先生に掲載されました(3)

 

キレイの先生に記事が掲載されました。

「ティートゥリーの効能は?アロマ講師も認める抗菌作用のスゴイ精油!」

ティートリーは、冬から春にかけて大活躍する精油。

インフルエンザの予防に、花粉症の症状の軽減に使われます。

ただ、こうした目的で使う場合、やりがちなのが使いすぎです。

精油には、体や心への作用があります。

作用がある、つまり影響を与えるということは、場合によっては負の影響になることもあるのです。

ディフューザーで香らせるなら、1日に1,2回、1回20分程度でじゅうぶんです。

それに需要の多い精油だから、品質のよくないものがあるのも事実。

アロマテラピーは、薬ではありません。

だからこそ、マイナスになる使い方はしない、適度に使うことが大切だと思っています。

Follow me!